1つのビジョンから始まったOutSystems

2001年、OutSystemsは、「ソフトウェアのデリバリを根本から変える」というビジョンを携えてこのビジネスを開始しました。OutSystemsの創始者達は、熟練のITプロフェッショナルです。彼らは、大半のソフトウェア開発プロジェクトが失敗していることを認識していました。開発期限に間に合っていないか、または開発コストが超過していたのです。

その当時、ほとんどの会社が採用していた開発アプローチは「ウォーターフォール型」という手法でした。現在でも多くの企業が採用しているウォーターフォール型プロジェクトでは、分析フェーズや設計フェーズといった初期段階の開発コストは低く抑えられます。しかしながら、それ以降のフェーズで変更が生じた場合、後期フェーズになればなるほどコストが増加します。そのため「最初から完璧」であることを目指し、アプリケーションに必要なすべてをプランに盛り込もうとするため、非常に多くの時間が費やされてしまうのです。

このアプローチの問題点は、「アプリケーションに必要となる可能性のあるすべての要件を知ることや、予測されうるあらゆる問題に対して予め対策を練っておくことが、現実的に不可能である」という点にあります。ソフトウェアは完全無欠な存在ではありませんから、当然ながら後で変更が必要となってしまうのです。アプリケーションは変更が加えられるほど、複雑になってしまいます。複雑さはコスト増につながり、アプリケーションのライフサイクルの後期フェーズに移行するに従い、管理と更新が一層難しくなってしまいます。最終的には、アプリケーションを更新するよりも、別のものに置き換えてしまった方がコストも時間もかからないという結論にたどり着くのです。

OutSystemsは、「プロジェクトの前期フェーズで完璧なソフトウェアを目指すのではなく、アプリケーションの規模に関係なく、低コストかつ短時間で変更できるとしたらどうだろうか」という疑問からビジョンを見出しました。私たちは、ソフトウェアの変更に関するメカニズムを詳細に調査した上で、アプリケーションの変更がライフサイクルのどの段階においても強固に、短時間、低コストで実施できるOutSystems Platformを作り上げました。 

 

今日のビジョン

OutSystemsの最初のお客様には、OutSystemsのビジョンを理解する先見の明があったと言えます。しかしながら、今では状況が変わりました。コストを抑えつつ、迅速に、かつ強固な変更が行える、という特徴は、今日では決定的な要因となっています。それは、今、IT組織が次のような2つの大きなIT課題に直面しているからです。

  1. デジタル・トランスフォーメーション:人々の組織への関わり方は、アプリケーション(とりわけモバイルアプリ)とのやり取りへと変化しました。これは、既存のシステムまたはバックエンド上にモバイルデバイスとの接続部またはフロントエンドを構築し、それらが円滑に連携しながら作動するようにすることを意味します。これはまた、他に必要なものは何かを明確にすることを意味するため、現状とビジネスニーズの間のギャップを埋めることもできるのです。
  2. より迅速なデリバリ・変更サイクル:モバイルの普及により、デリバリにかかる時間は劇的に短縮されました。ビジネスにおいては、16~20週でアプリケーションを完成させることが期待され、変更に至っては数時間での実施完了が求められています。これは、かつて20ヶ月必要と言われたJavaや.NETによるアプリケーション開発期間と比べ、遥かに短い期間です。

これらの課題に対して、どのように対応していけばいいのでしょうか。産業界は、この課題をどのようにして克服しようとしているのでしょうか。産業界はこれらの課題に対して何を行っているのか、そして、ソフトウェア構築に関する今日の課題をお客様が克服するために、OutSystems Platformはどのような手助けができるのかご説明します。