OutSystemsに対するGartnerとForresterの評価

ForresterとGartnerは、OutSystems Platformに関して多くの評価コメントを発表しています。

Forresterの評価コメント

ローコード開発に関する業界初のForrester Wave™ レポートにおいて、OutSystemsはローコード・プラットフォームのリーダーに位置づけられています。Forresterによるローコード・プラットフォームの定義は、「手作業によるコーディングを最低限に抑え、セットアップ、トレーニング、およびデプロイへの投資を最小限にしながら、ビジネスアプリケーションの高速デリバリが可能なプラットフォーム」とされています。

Forresterによると、ローコード・プラットフォームに関する決定的な差別化要因とその価値は以下のとおりです。

  • 仮想データモデルおよび連携構成のビジュアル化: 利用開始までの時間を短縮し、フォーム、ワークフロー、およびビジネスロジックへのデータ要素の埋め込みを可能にする。
  • ビジネスロジック構造のビジュアル化: コードからロジックを抽出し、時間を短縮し、変更をシンプルにする。
  • レスポンシブ対応のユーザーインターフェースとネイティブアプリケーション設計: 顧客をワクワクさせるユーザーインターフェースを提供する。
  • アプリケーション開発およびデリバリプロセスの管理とモニタリング: 開発の効率化と高速化、および開発生産性の向上を実現する。

Forresterは、ローコードの定義に沿って、必要な要素を完備し、企業で実証済みの自動プラットフォームを提供しており、次の特徴を持つOutSystemsをこの分野のリーダーに挙げています。

  • デリバリの早さを複雑なアプリケーションでも実現。
  • アプリケーション開発、デリバリ、メンテナンスというすべての側面において、高速なローコード・ツールに積極的に関与
  • アプリケーションの管理と運用のための、最も包括的かつ先進的なプラットフォーム
  • 組織が既存のリソースや新しい開発技術を利用することを可能にする開発環境

レポートのダウンロードはこちら

 

Gartnerの評価コメント

Gartnerは、2016年のGartner Magic Quadrantおいて、OutSystemsがモバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)およびアプリケーションPaaS(aPaaS)という2つのMagic Quadrantで「ビジョナリー」に属し、最も高い実施能力を有すると評価しています。

OutSystemsは、2016年に初めてMADPのMagic Quadrantに登場しました。ほとんどの会社が最初は「ニッチ・プレイヤー」として区分されるのに対して、初登場でビジョナリーとして区分されたことは特筆すべきことです。aPaaSのMagic Quadrantへの登場も、たった2年目での達成です。 

Gartnerは、「ある市場においてビジョナリーに区分される企業は、最先端を走る顧客からの要求に応え、顧客が前進するための新たなチャンスとなるビジネスをもたらすことにより、市場を前に進めるイノベーターである」と評しています。

MADPおよびaPaaSの主要ベンダーに関する詳細分析を提示する中で、Gartnerは、同じQuadrantに区分されている場合でもベンダーから提供されるものは大きく異なっていることがある、と明確に述べています。しかしながら、このような短期間に両カテゴリーで概念先行型として登場したことは、OutSystems Platformがモバイルアプリケーションのデリバリを加速し、組織の目標達成を支援するのに最適なソフトウェアであることを意味しています。 

-GartnerのMADPに関するMagic Quadrantレポートの全文はこちら

 

この評価は何を意味するのでしょうか

GartnerとForresterは両社とも、当社の柔軟なローコード・プラットフォームを利用すれば、モバイルアプリケーションを迅速に開発、変更できることを認めています。

OutSystemsを使うことで、組織はデジタル・トランスフォーメーションの一環として、顧客、従業員、パートナーとの新たな関わり方を構築することができます。こうしたアプリは、OutSystems Platformによって既存のシステムやデータソースと統合されており、さらに多くの人が便利なアプリを開発できるようになります。しかし、最も重要なことは、これらすべてが、多くのIT組織の運用・セキュリティガイドラインに適合する、高いガバナンス性と確立した方法論によって行われていることです。

そのため、単一のモバイルアプリケーションであるか基幹系アプリケーションであるかを問わず、OutSystemsはアプリケーションを迅速に開発・デリバリし、さらに高速で変更を行うためのサポートをすることができます。