「超高速」とはどれくらい速いのでしょうか?

デリバリのスピードに関する課題は、「アプリケーションの超高速開発・デリバリを可能にするプラットフォームを導入することで、開発チームや導入チームはどれくらいの時間を節約できるのか」、という重大な問題を提起します。RubyおよびReactは、開発速度を6~10倍にできると言いますが、その後、アプリケーションの構築、バージョン管理、コード分岐のマージなどの作業が必要です。OutSystems Platformも開発速度を向上させますが、他の開発環境との違いは、アプリケーションの開発だけでなく、それ以外のプロセスも同様に加速するという点です。速度向上の理由は、私たちのユニークなアプローチにあります。

 

デリバリスピードが6倍(600%)高速化したというレポートも

TechValidateは、OutSystems Platformのユーザー200社に対する調査の中で、代表的なアプリケーションが利用可能になるまでの時間がどれくらい改善されたかを質問しました。この質問に対し、44%のユーザーが、スピードが6倍以上改善されたと答えています。別の言葉に直せば、チームがOutSystems Platformを利用する場合、アプリケーションの開発、デプロイ、管理、変更という一連の導入作業の速度が、OutSystems Platformを利用しない場合に比べて600%向上することになります。

また、約25%の回答者は、800%以上高速化されたと答えています。他のタイプのプラットフォームを使用した場合、アプリケーションの導入に要した期間は3ヶ月以下であったと21%の回答者が報告しています。OutSystems Platformの使用後はこの割合が3倍以上に増え、約75%の回答者が3ヶ月未満でアプリケーションをデリバリできたと答えています。 

同調査とその結果の詳細については、レポートの全文をお読みください。

 

なぜそれほど高速化できたのでしょうか?

その答えの1つがビジュアルモデリングです。ビジュアルな開発言語を用いた場合、何らかの設計対象をモデリングするのに要する時間は、テキスト・エディターで打ち込むのに比べて短くなります。しかしながら、それほどの高速化を実現できた理由は、開発言語をビジュアルに表現することで開発の安定化を図るという、OutSystems Platformが採用しているアプローチにあります。OutSystemsは、複数のプラットフォームの使用や連携、ライフサイクル管理、技術変革などの変化要因によって手を煩わすことなく、アプリケーションの開発・デリバリが行える安定した環境を提供します。例えば、10年前、HTML5がまだ存在していなかった頃にOutSystems Platformを使い始めたお客様は、HTML5が出てきた今もOutSystems Platformを持っているおかげで、その技術進歩に遅れずについて来ることができているのです。