OutSystemsに向かないプロジェクトとは?

Outsystems Platformは、そのオープン性と拡張性のおかげで、事実上どのタイプの企業向けウェブ・モバイルアプリケーションも作成することができます。しかしながら、他のソリューションの方が向いている可能性がある場合や、ゼロから構築するよりも既存のものを補完するためにOutSystemsを組み合わせて使用するという解決方法が採用される場合も、少なからず存在します。このセクションでは、次の事項について説明します。

  • 卓越したモバイルエクスペリエンスを実現するアプリの構築

 

卓越したモバイルエクスペリエンスを実現するアプリを開発する場合

マルチメディア・アプリケーションやゲームのように、非常に優れたユーザー・エクスペリエンスの提供が必要なアプリケーションの開発・デリバリをする場合で、予算を心配する必要がないならば、デバイスのネイティブ機能を活かしたモバイルアプリ開発の方が向いています。OutSystemsは、次世代の「Angry Birds」を開発するためのプラットフォームではありません。

OutSystems Platformは、モバイル開発においてハイブリッド・アプローチを採用しており、モバイルデバイスのOS固有のネイティブコードは生成しません。OutSystems Platformは、iOS、Android、Windowsのコンテナを提供しますが、これは生成されたHTML5アプリケーションがデバイスのネイティブ機能と相互にやり取りすることを可能にするものであり、デバイス固有のネイティブコードは生成しません。OutSystems Platformが行えることは、MBaaS(mobile back-end as a service)として機能し、REST APIを迅速に公開することにより、サービスレイヤーや連携を円滑に行えるようにすることです。

例えば、OutSystemsのお客様であるまた、College Boundは、大学への入学プロセスを学生に案内するため、学生とカウンセラーが利用できる統合モバイルメッセージング機能を提供するアプリケーションを開発しました。