OutSystems Public Cloudのデプロイメント用のAWSリージョンを選択する

AWSリージョンの選択は、以下のシナリオにおいて特に重要です。

  • オンプレミスの連携のパフォーマンス
    アプリケーションを自社のデータセンター内にホストされるレガシーサービスやアプリケーションと連携する必要がある場合。長期に渡るハイブリッド環境での運用、またはオンプレミスからクラウド環境への移行を予定している場合には、配置距離と遅延をできるだけ短くすることが非常に重要になります。

  • 外部のクラウドアプリケーションおよびサービスとのコロケーション:
    既にAWSクラウドサービスを利用している場合には、同じリージョンにOutSystems Platformをデプロイすることで、別のAWSインフラストラクチャ上でも通信遅延を低減し、データ転送コストを削減できる利点があります。

  • エンドユーザー側のアプリケーションパフォーマンス
    ユーザーが1つの場所に集中している場合には、エンドユーザーに近い場所にリソースをプロビジョニングすることで、ユーザーのアプリケーション実行時のパフォーマンスが向上します。

グローバル企業で、アプリケーションのユーザーと社内情報システムが世界中に散在しているような場合には、このような基準が明らかになりにくいかもしれません。

グローバル企業は、1つのリージョンのみを選択するよりも、環境ごとに異なるリージョンを選択するとよいでしょう。

各リージョン内の環境ごとに、独立したデータベースおよびURLを持たせます。さまざまなリージョンの複数の環境に対しては、各リージョン内に、どのアプリケーションとバージョンをどのタイミングでデプロイするかも選択できます。