SQLを用いたデータアクセス

OutSystemsのDSLは、データの取り出し、ロード、変換、および更新などのアクションが提供します。しかし、時には、組織のページ、ビジネスロジック、またはワークフローの一部として、既存またはインポートしたデータベースに複雑なクエリを書き出す必要がある場合があります。

OutSystems Platformでは、標準のSQLを用いて目的のデータベースに対してクエリを行うことができます。高度な内蔵SQLエディタにより、開発者は、入力および出力パラメータを定義し、データベースがサポートするすべての機能を用いてSQLを書くことが可能になります。単にデータベースのテーブル名の代わりにドメインのエンティティ名を使用するだけで、OutSystems Platformがクエリをデータベースエンジンに引き渡してくれます。加えて、すべてのパラメータは、誰かが設定を上書きしない限りデフォルト設定で自動的にSQLインジェクションから保護されます。

複雑なクエリの例:


クエリは、モデル内で完全に追跡されています。データベースまたはドメインモデルに対して、テーブルのカラム名などの変更があった場合、クエリは自動的にリファクタリングされます。アプリケーションのカラムが削除された場合、または何か他の方法でアプリケーションが無効になった場合、OutSystems Platformはそれをチームに知らせ、すべての不一致を解決できるようにガイドします。また、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えるクエリのパフォーマンスレポートを参照することができます。