OutSystems Platformを使って複雑なフォームを作成できますか?

はい。OutSystems Platformを採用した企業は、優れたレイアウトやスタイル設定、条件に基づく表示と段階的な開示の仕組み、およびフォーム検証の機能を活用して、複雑なフォームを開発することができるようになります。この機能を活用して、次のようなアプリケーションを開発したお客様がいらっしゃいます。

  • 膨大な紙のフォームの複製
  • 膨大な医療、保険、または法的データ入力のための、多数のフィールドを持つインターフェース
  • 複雑なビジネスロジックに基づく精緻な検証とルール表示 

 レイアウトとスタイル設定

複雑なフォームを、適切な入力サイズと完璧な配置で複数のセクションに分ける作業は、簡単な仕事ではありません。このような作業を簡単に行うため、OutSystems Platformには次のような優れた機能があります。

  • 内蔵のグリッドシステムにより、開発者は、簡単に構成要素をページ内に配置し、バランスの良いサイズに設定することができます。
  • パワフルな構文を持った完結型UIフレームワークにより、構造、内容、データ、およびコントロールの作成が容易になります。ページを3カラム以上に分けることも、今では簡単です。デザインの優れたパネル、折り畳み式のセクション、洗練されたアラートボックス、情報バルーン、およびタッチ式のコントロールを使って、どのデバイスにも表示可能な複雑なフォームを作成することができます。
  • 開発者は、CSSエディターを使って、ページとコントロールのスタイル設定方法を自由に変えることができます。

次の図は、複雑なフォームの例です。



条件に基づく表示と段階的な開示

複雑なフォームには数個のセクションがあり、ユーザーの入力内容に従って順次表示されていくという方式のものもあります。この他、特定のユーザーロールに対してのみ表示されるセクションやフィールドが設けられている場合もあります。OutSystemsでは、次のような処理を簡単に行うことができます。

  • ロールをベースとしたセキュリティーとシンプルな構文により、UIまたはビジネスロジックのレベルでユーザーのロールをチェックします。
  • UI要素のプロパティを可視的に確認できるため、その表示方法を制御できるようになります。
  • 視覚的なIF文により、論理式の評価における真偽分岐が分かりやすく表示されます。
  • 内蔵のAJAX機能により、ページ全体をリロードすることなく、フォームのリロード、リフレッシュ、おより削除を行うことができます。
  • コンボボックスの値が選択された場合、チェックボックスが選択された場合、または入力テキストが変更された場合、サーバー側のアクションを起動するなどのUI制御イベントを行うことができます。

以下は、条件によってページの一部だけを描画する様子を示した例です。



フォームの検証

OutSystems Platformでは、クライアントサイドおよびサーバーサイドによるフォームデータの検証が可能です。

クライアントサイド検証

クライアントサイドでは、必須フィールドとデータ型の不一致の検証をコーディングなしで有効にすることができます。

パスワードの複雑さを確認するウィジェットや社会保障番号(SSN)の検証など、より複雑なクライアントサイド検証はシンプルなJavaScriptスニペットを用いて実現することができます。このスニペットは、JavaScriptエディターを用いて、UIコントロールに簡単に組み込み、統合することができます。

サーバーサイド検証

最近のブラウザは、ページのHTMLおよびJavaScriptを非常に簡単に改ざんできてしまいます。サーバーサイド検証は、フォームデータがバックエンドのシステムに届く前に、不正な改ざんなどを受けていないか検証するものです。

データの検証、操作、または保存などのサーバーサイドイベントは、OutSystems Platformの機能要素すべてをフルに活用して実行することができます。クエリ、ウェブサービスの呼び出し、テキスト操作関数、数学関数、データのフォーマット指定および変換は、フォームデータの検証で最も多用される機能要素のほんの一部です。

コントロールには、エラーメッセージのプロパティが組み込まれており、検証メッセージを自動的に画面表示する際に使用することができます。

以下は、画面上にエラーメッセージを表示した例です。

 

以下は、フォーム検証のロジックを示した例です。