OutSystems PlatformではテストとQA(品質保証)をどのようにサポートしていますか?

迅速でエラーのないデプロイを実現するため、QA機能がOutSystems Platformに組み込まれています。開発者は、アプリケーションデータモデル、API、およびアーキテクチャーを変更することができます。すべての依存関係は自動的に更新され、その結果、手作業による更新の場合に生じる可能性のあるエラーを排除できます。 

どれほど多くの変更がアプリケーションに加えられようとも、影響分析と自己回復、テストツールとの連携、および連続的デリバリのためのアプリケーションフィードバックの機能により、OutSystems Platformはエラーのないデプロイを保証する門番の役目を果たします。

影響分析および自己回復

OutSystems Platformは、グローバルな依存関係を追跡し、アプリケーションの全レイヤーについて変更が及ぼした影響をピンポイントで特定します。このため、アプリケーションに大きな変更(データモデル、API、およびアーキテクチャーの変更)が加えられた場合でも、稼働には何の支障も生じません。

自己回復機能は、自動的に問題を修正することもありますが、開発者に対処すべき修正項目があることを知らせる場合もあります。変更が加えられると、OutSystems Platformはすべての依存関係を追跡し、データベースの変更スクリプトを自動的に作動させ、変更が実行中のアプリケーションに与える影響を解析します。

次の例は、OutSystems Platformがどのようにして変更による影響を認識し、どのような修正を手作業で行う必要があるかを提示する様子を表しています。赤色の「×」印は、すべての問題が解決されるまで、アプリケーションのデプロイができないことを開発者に知らせるマークです。

OutSystems Platformは、より広範なレベルで、例えば複数アプリケーションに関しても影響分析を行います。以下の例で見られるように、本稼働環境で依存関係が失われてしまうため、OutSystems Platformはテスト環境から本稼働環境へのデプロイを防止します。 



テスト

OutSystems Platformには自己回復および影響分析機能があるため、従来型の開発アプローチで構築された場合に比べてアプリケーションの品質は大幅に高くなります。このため、アプリケーションをテストする必要性はそれほど高くはありません。

とは言っても、テストはソフトウェア開発プロジェクトにおける基本的な部分であり、完全に排除するわけにはいきません。当社のアプローチは、OutSystems Platformのオープン性を維持し、チーム内で一般的に使われているツールと組み合わせて使える状態を保つことです。したがって、テストは、生産性を損ねないよう、連続的デリバリサイクルに組み込まれます。

複雑さや各プロジェクトの重要度に応じて、デリバリチームは異なるタイプのテストを適用しなければなりません。テストに携わる担当者は、OutSystems Platformからは標準ウェブスタック上で実行される100%ネイティブな.NETまたはJavaウェブアプリケーションが生成される、という重要な事実を覚えておかなければなりません。

連続的デリバリのためのアプリケーションフィードバック

アプリケーションへ変更を組み込むために要する時間を短縮するため、OutSystems Platformは、すべてのデバイスにおいて状況とユーザーフィードバックを適切に直接取得する機能を提供しています。

ビジネスユーザーおよび開発者は、自分のタブレット端末、スマートフォン、およびデスクトップPCを使って開発チームにフィードバックを送信することにより、自分が望んでいることを正確に伝えることができます。フィードバックの送信は、画面上に書き記すか、音声メモを追加するか、テキストを入力するかのいずれかの方法で簡単に行うことができます。ユーザーが見たもの、コメントを記したものはすべて、開発者の検討材料となるユーザーストーリーとなります。開発者は、当該画面に直接ジャンプして、直ちに変更を実行することもできます。