OutSystemsを習得するのに、どれくらいの期間がかかりますか?

OutSystemsは、アプリケーション開発の経験者にとって習得しやすいシステムです。また、ビジネスアナリストのような別の経歴を持った人たちにとっても同様です。

開発者であれば、ほんの1週間もあればOutSystemsを使いこなせるようになるでしょう。なぜならOutSystemsは、別のテクノロジーのソフトウェア開発環境を使った経験がある開発者なら馴染みのある開発要素を用いているからです。プログラミングに関する基本的な知識があり、リレーショナルデータベースのコンセプトを理解していれば、OutSystemsをすぐに習得するには十分です。

 

1週間未満

1週間から2週間未満

2週間以上

ソリューションアーキテクト

 

 

開発者

 

 

ビジネスアナリスト

 

 

DBA (データベース管理者)

 

 


OutSystemsは、HTML5、CSS3、JavaScript、SQL、C#、Javaなどの基盤テクノロジーの複雑さを取り除いてくれます。
また、そのようなテクノロジーに関するスキルを習熟していない技術者も、約1ヶ月で戦力になることができます。OutSystemsを修得したビジネスアナリストがリーダーを務めたプロジェクトの例はこちらです

熟練開発者は、プラットフォーム拡張の構築方法を学び、自分のスキルを基盤テクノロジーの中にカプセル化してビジュアルに再利用することができるコンポーネントを作る方法を習得していくに従い、生産性が向上していくことにすぐに気がつくでしょう。

OutSystems Platformを習得する理由とは?

OutSystems Platformは習得しやすいシステムですが、多少の努力とチーム内の変化を必要とします。それでは、わざわざ試してみる人がいるのはなぜでしょうか?

開発の重要な部分に集中する時間を確保できる

熟練した開発者にとって、OutSystems Platformは、ビジネス目標を達成するために修得および活用すべき新たなスキルになります。OutSystems Platformを使用する開発者は、常に問題の核心に向かって考えを巡らせており、ビジネス上の問題を解決するために創造力と知性を活用しています。なぜなら、データベーススクリプト、デプロイ計画、依存関係解析、メンテナンスなどを気にかける必要がなく、アプリケーション開発の本質に集中できるからです。


素早い増員と容易なチームローテーションが行える

OutSystems Platformでは、すべての開発者がコーディング標準を利用するため、開発者はどこにコンフリクトが生じる可能性があるか悩むことなく、安全にコードを変更することができます。開発者の増員を素早く行うことができ、プロジェクト間または同一のプロジェクトの異なる領域の間でチームメンバーをローテーションすることも簡単になります。

あるOutSystems Platformユーザーは、大規模プロジェクトに60人の開発者を使っており、現在では、新たなOutSystems開発者にトレーニングを行い、2週間でプロジェクトの戦力になるレベルにすることができます。プロジェクト間でのローテーションも、たった数日しかかかりません。