OutSystems Platformを使った開発ができるのはどのような人ですか?

OutSystems Platformは、例えば、.NET、Java、さらにはSwiftよりもずっと簡単に習得できるので、「アプリケーション開発」を理解している人ならほとんど誰でも使うことができます。その結果、プログラミングの経験がほとんどあるいはまったくないというビジネスアナリストから、別のテクノロジーを利用したツールセットを新たに修得したいと考えている本格的な開発者、その中間の人たちまで、誰でもOutSystemsを使うことができます。

なぜそのようなことが可能なのですか?

ビジュアル要素を多用するOutSystemsの開発では、アプリケーションの理解や作成がシンプルになります。開発対象には、UI、データベースの作成とクエリ、ビジネスロジック、および連携といった、フロントエンドとバックエンドの開発が含まれます。

最も早く習得できるのはどのような人ですか?

経験の大小を問わず、開発者は一般的にOutSystemsを最も早く習得することができます。また、最初にOutSystemsを使いはじめるのも開発者です。彼らはソフトウェア開発の基本と、それに関連するテクノロジーに精通しています。また、通常、ソリューションを上手に構成し作成する方法、再利用可能なコンポーネントを特定する方法、データの取り扱い方法なども心得ています。

開発者としての経歴や選択したトレーニングオプションにもよりますが、多くの場合、1~3週間で修得可能です。