アプリケーション用に生成されたコードの参照とデタッチ

開発およびデリバリのチームは、OutSystems Platformが生成したソースコードをチェックし、デタッチすることができます。
OutSystems PlatformのService Centerに付属しているチュートリアルでは、アプリケーションを作成してそのソースコードを取得するプロセスが説明されています。

ソースコードの参照とデタッチに関するチュートリアルの活用

チュートリアルの開始手順は、以下のとおりです。

  1. 環境管理コンソール(http://<yourenvironment>/ServiceCenter)にアクセスします。
  2. Administration(管理)タブを開きます。
  3. Licensing(ライセンス)サブメニューをクリックします。
  4. ライセンスのページでeSpaces Source Codeオプションを選択します。


  5. No Lock-In tutorial (ノー・ロックインチュートリアル)オプションをクリックします。
    IDEが開き、チュートリアルが始まり、アプリケーションのソースコードをデタッチするプロセスをガイドします。


チュートリアルが終了したら、アプリケーションの実験に進みます。何度でも好きなだけソースコードをデタッチすることができます。

 

第三者によるコードレビュー

QAT Globalが、OutSystems Platformにより生成されたコードのレビューを行っています。
同社が作成したレポートは、こちらをご覧ください。(英語)