OutSystemsは、どのネイティブ機能をサポートしていますか?

OutSystems Platformでは、下記3つの方法から、どのようなネイティブ機能でも活用することができます。

OutSystems サポートプラグイン:
これらのプラグインは OutSystems Forgeからダウンロードでき、OutSystemsによってサポートされています。OutSystems Nowを使って、これらのプラグインを使用したアプリケーションをすぐにテストすることができます。

コミュニティサポートプラグイン
これらのプラグインは OutSystems Forgeよりダウンロードでき、コミュニティメンバーによってサポートされています。プラグインをテストするためには、自身のネイティブバージョンのアプリケーションを作る必要があります。アプリケーションはOutSystems Nowで稼働しますが、プラグインはアプリケーションがデバイスにインストールされるまでは使うことができません。

カスタムプラグイン
必要なプラグインがForgeにない場合、カスタムで独自のプラグインを作ることができます。アプリケーションはCordovaを使ってビルドされるため、Cordovaで使えるプラグインを利用したり、独自にカスタマイズしたりすることが可能です。


OutSystems
サポートプラグイン

OutSystems Platformは、Forgeからインストールでき、かつサポートされたプラグインを持ちます。下記の表では、OutSystemsがサポートするプラグインとモバイルのオペレーションシステムを一覧化しています。各プラグインの詳細情報に関しては、 OutSystems Forgeページをご参照ください。

プラグイン

詳細

カメラ

デバイスのカメラ機能をアプリケーションで活用します

暗号化ローカルストレージ

アプリケーションのセンシティブなデータを、暗号化されたローカルストレージデータベースを使って保護します。

Card IO

写真を撮るだけで、クレジットカードの詳細情報を自動取得します。

Pushwoosh通知

Pushwooshを使用したプッシュ通知を行います。

ローカル通知

アプリケーションがフォアグラウンドで稼働していないとき、アプリケーションの通知をデバイスに送ります。

QR/バーコードスキャナー

QRコードおよびバーコードをスキャンします。

ロケーション

デバイスのGPS機能を使用します。例えば、ユーザのデバイスの経緯度へアクセスできます。

連絡帳

デバイスに登録された連絡先一覧へアクセスします。

アプリ内ブラウザ

アプリケーションから、外部URLを直接開きます。

指紋認証

アプリケーション内で、指紋認証を利用した認証を行います。

カレンダー

デバイスのカレンダー機能へアクセスします。

キーストア

デバイス上に、センシティブな情報をストアします。キーノートはストアする前に情報を暗号化し、OutSystemsはストアされたアイテムへ慎重な制御を行います。

ネットワーク接続状況

オンラインかオフラインかを識別し、利用できるネットワークタイプ(Wi-fi、3G、4Gなど)を判別します。

モバイルアプリフィードバック
(実装予定)

モバイルアプリケーションのフィードバック機能を呼び出し、ユーザのフィードバックを開発者へ送ります。

 

カスタムプラグイン

OutSystemsのネイティブアプリケーションは、プラグインを使ってネイティブデバイスAPIの利用ができるApache Cordovaフレームワーク上にビルドされます。

OutSystemsアプリケーションのカスタムプラグインを作るには、1500以上のCordovaプラグインから必要なプラグインを選び、githubアドレスをモジュールに追加し、そのプラグインコードをOutSystems APIでラップします。これにより、新しいネイティブ機能がOutSystemsアプリケーション上で利用できるようになります。

また、ビジネスに特化したプラグインをカスタマイズしたり、作成したりすることも可能です。カスタムプラグインの作成および使用に関しては、こちらをご参照ください。