今日の2つの主要なIT課題

モバイルは、ITに関するあらゆるものを変えてしまいました。大げさに言っているのではなく、モバイルになれた若い世代が、モバイルデバイスの普及を一気に加速させました。企業にとっては、マーケットに遅れることなく市場シェアを失わないために、次の2つの主要なIT課題に対処する必要があります。

  1. デジタル・トランスフォーメーション
  2. より迅速なデリバリー・変更サイクル

「Bimodal IT」と呼ばれるアプローチは、これらのIT課題を克服する試みの結果として生まれました。しかし、Bimodal ITがその答えなのでしょうか。

 

ITの課題1:デジタル・トランスフォーメーション

スマートフォン、タブレット端末、ウェアラブル端末、センサーといった特徴的なユーザーインターフェイスを持ったデバイスにより、顧客、共同経営者、従業員と企業との関わり方が変化しました。組織が顧客やユーザーを惹きつけつづけるためには、自らをアジャイルなデジタル企業へと変身させなければなりません。どのようなタイプのデバイスやインターフェイスにおいても、違和感なくデジタル上でも人と関わりを持てることがアプリケーションに求められています。それによって、エンドユーザーは、所有するデバイスやツールを自由に使って、調べ物をしたり、人と交流したり、欲しいものを購入したり、さらには助けを求めたりすることができます。このような多様な関わり方を可能にすることで、企業は顧客への商品情報提供を加速し、より多くの新規顧客を引き付け、顧客のロイヤルティを向上することができます。

従来のアプリケーション開発では、アプリケーションを作成した後、それをすべてのデバイスにデプロイすることは簡単な仕事ではありませんでした。その上、モバイルの普及によってこの開発手法の利用が極めて難しくなってきています。現在、2つの世代のユーザーやお客様が、モバイルデバイスを仕事や勉強や遊び、そして生きるために必要な全ての活動において使用しています。そしてこのような理由から、彼らは使用するすべてのアプリケーションに、次のような期待を持っています。

  • 卓越したユーザーエクスペリエンスを提供してくれる。
  • 変更は気づかぬうちに、動作を中断することなく行われる。
  • FacebookやTwitterと同じくらいに簡単に使える。

各社は、開発担当者の増員、より多くの開発言語の習得、開発グループと運用グループの連携、そして開発と導入プロセスの自動化といった活動を試みてきました。しかしながら、これらの活動のいずれも、モバイルアプリや、それと同様な振る舞いをするウェブアプリに求められる要件を満たすことはできませんでした。

 

IT課題2:より迅速なデリバリー・変更サイクル

お客様は今、極めて短い期間でアプリケーションの導入が行われることを望んでいます。モバイル慣れした若い世代の人々は、従事する企業の中や自分で設立した会社の中で地位を高めつつあります。彼らは、プロジェクトの完了までに2年間も待つことを望みません。2年間とは、Javaや.NETと言った従来の技術を使ってアプリケーション構築するのに要する期間です。彼らは、新しいアプリが20週もかからずに完成し、変更はほとんど一瞬で完了することを望んでいます。2012年にAmazonが11秒ごとに1本の新しいコードをデプロイし、1時間で最大1,079ものデプロイメントを記録したことを知る彼らは、そのような短納期での開発が可能であることを知っているのです。その結果、組織とIT業界は、このように劇的な導入サイクル短縮の要求を満たす方法を追い求めています。 

 

BimodalITはその答えなのでしょうか

Gartnerが「Bimodal IT」と呼んでいるITの新しい考え方は、「IT組織は従来型(モード1)およびアジャイル型(モード2)という異なる2つのモードで運営されるべきである」と提言しています。Bimodal構造においては、モード1のアプリケーションはより静的です。変更する場合は、従来型の方法が適用されます。モード2のアプリケーション要件は、新たな革新的なツールとコンセプトを持つ、より機動的かつ対話的な開発モデルで表現されます。

巨大なコンサルティング企業は、Bimodal ITの考え方をベースとした新しいデジタル・プラクティスを作り出そうとしています。これらのプラクティスでは、フロントエンドからバックエンドまでのデジタル・エクスペリエンスの再設計において企業を支援することに焦点が当てられています。実際、ユーザー・エクスペリエンス技術の修得を急速に進めるため、デザイン会社の買収も行ってきました。一方で彼らは、Angular JSやNode JSなどのテクノロジーに関する社員トレーニングにも投資してきました。

多くの場合、Angular JS、Node JS、Mongo DB、およびRESTといったテクノロジーによるオープンソース型のアプローチを利用して、驚くべきユーザー・エクスペリエンスを提供するエンタープライズ・ソリューションが開発されています。
この手法によって、その第1バージョンの導入が20週間にまで短縮できるのです。しかしながら、これには広範なスキルセットを持った優秀な開発者が必要です。

Bimodal ITに関する質問は、たくさんあります。コンサルタントがいなくなった後、顧客はどのようにしてアプリのメンテナンスを行うのか。アプリに変更を加えられるスキルを持つ技術者を彼らは保有しているのか。

シンプルな例として、メンテナンスの必要があるアプリを20~50個持っている会社について考えてみましょう。これらのアプリは、4種類のプラットフォームと3つの異なるフォームファクターをサポートする必要があります。モバイルの場合には、このような条件に、アプリのメンテナンスに多数の業務領域やスキルが必要となるという要件が重なるのです。また、モバイルの場合には、継続的な変更に加え、より一層の迅速なデリバリーが求められます。ほんの2~3時間での変更を求められることもよくあります。

これらの条件をすべて満たすには特別なスキルセットが必要となり、企業はその要求に合った開発者を探すのに苦労しています。探し始めてみるとすぐに、そんな開発者は引っ張りだこであり、すぐに離職してしまうことが分かります。

そのため、Bimodal ITはバックエンドの従来型システムからアジャイル開発部分を解放してくれるのですが、よく注意していないと維持することが困難になる可能性があります。しかし、モード1とモード2の両方を持ち合わせるプラットフォームならば、プラットフォーム間を行き来しなくてもそれが可能となるのです。これこそが、OutSystems Platformが生み出された理由です。