OutSystems Platformのハイブリッド環境へのデプロイ

OutSystems Platformをパブリック、プライベート、オンプレミス環境に展開すると、それぞれの利点を活用しつつ、複数のデプロイモデルを組み合わせることができます。一般的にこのようなハイブリッドモードは、(OutSystemsまたはサードパーティの)パブリッククラウドで構築およびテストを行い、プライベートクラウドまたはオンプレミス環境でデプロイを行いたいお客様に利用されています。これにより、アプリケーションの機能要件に基づいて、各環境に固有の利点を享受できるようになります。

プラットフォームのインストールに関する要件および手順の詳細については、OutSystems Platformをインストールするにはのページ (英語)を参照してください。