OutSystemsは企業のクラウドインストラクチャの監視を行いますか?

OutSystemsはシステムリソース、イベント、稼働率を24時間休むことなく積極的に監視します。
お客様のシステムの可用性を維持する必要がある場合には、自己修復機能が自動的に起動します。

サーバーダウンなどのシステムイベントの際には、お客様のサポート契約に基づいて、サポートエンジニアによる対応を自動的に開始します。

OutSystemsは、たとえばデータベースストレージの割り当て上限が近づいている場合など、リソース不足に関する情報をお客様に通知します。必要に応じて追加リソースの(セルフ)プロビジョニングも選択できます。

また、OutSystemsのLifeTimeセルフサービス管理コンソールを使用すれば、アプリケーションのパフォーマンスや監査ログ、データベースの容量を直接監視できます。