OutSystems Platformには、どのような種類のモニタリングと分析機能が備わっていますか?

OutSystems Platformに内蔵された監査および監視向けの機能を利用すると、リアルタイムでパフォーマンスの問題を検出できるようになるため、アプリケーションパフォーマンス問題の早期発見や予防・管理が可能になります。

パフォーマンス監視ダッシュボードではアプリケーションレベルの分析を行い、ダッシュボードではビジネスプロセスとワークフローのモニタリングを行うログおよび分析用APIも用意されています。追加作業を行うことなく、実行環境にオーバーヘッドを持ち込むこともなく、デフォルトですべての情報と指標が提供されます。

OutSystems Platformをオンプレミス上で使用する場合は、そのオンプレミスに適したモニタリングコンソールを使用することで、CPUやディスクなどのアプリケーションやサーバリソースに関する仮想部分のモニタリングや管理をすることが推奨されます。
ウェブテクノロジーを使用しているコンソールは、カスタマイズした新しいタブを追加するためのプラグインを使って、OutSystems Platformに連携させることができます。

パフォーマンス監視 

OutSystems Platformには、パフォーマンス上のボトルネックを理解し、対策の実施を容易にするパフォーマンス監視ダッシュボードが装備されています。すべてのクエリ、ウェブサービスの起動、画面描画、アダプタに対するスケジューラー設定と起動、外部システムまたはカスタムAPIの実行回数が、非同期で追跡されます。管理コンソールに表示されるパフォーマンスレポートには、アプリケーションを調整および最適化するための情報が記載されています。さらに、そのような措置を講じるために別のフレームワークを追加したり、開発したりする必要はありません。OutSystems Platformは、起こりうる問題に対してチームが迅速かつ効率的にサポートを提供できるよう、チームを支援します。

このダッシュボードはOutSystems Platformのログデータベースを使用し、解釈しやすいように情報の相互関係を示します。例えば、どのデータベースクエリが特定画面のパフォーマンスに影響を与えているかを表示してくれます。この機能により、手作業による相互関係解明の作業が不要になり、直ちに真相が分かるようになります。

運用チームは、どの粒度レベルにもドリルダウンすることができ、どの画面がエンドユーザーに選ばれているか、お客様が苦い経験をしたモバイルネットワークがどれかということまで、具体的に知ることができます。また、このダッシュボードは、画面や拡張機能の処理が遅いといった、運用チームに気づかれない可能性のある問題を自動的に表面化してくれます。これにより、問題解決に要する時間が短縮されるため、チームは、新しいアプリケーションのトラブルシューティングではなく、開発に集中することができます。

インフラ管理コンソールでは、アプリケーションのパフォーマンスがエンドユーザエクスペリエンスにどのような影響を与えるかを調べることができます。チームは、ドリルダウン機能を使って、次の項目に関するアプリケーションのパフォーマンスを調べることができます。

  • クライアント:最もよく使われているOSやブラウザをチェックすることができます。
  • ネットワーク:最もよく使われているネットワーク接続やデータ通信業者をチェックすることができます。
  • サーバ:処理の遅いデータベースクエリや他システムからの応答をチェックすることができます。

エンドユーザエクスペリエンスの分析

次の図は、ユーザエクスペリエンスがどのようにダッシュボード画面に表示されるのかを表しています。準備画面のアクションに対するスコアが低くなっています。また、黄色および赤色で表示されたリクエストの数は、ユーザエクスペリエンスを改善する必要があることを示しています。



クライアント分析

開発またはQAサイクルの進行中、開発者は、モバイルアプリケーションがAndroid、iOS、およびWindowsといったオペレーティングシステム上でどれくらい速くレンダリングできるかについての見通しを持つことができます。クライアントモニタリングにより、ウェブページごと、あるいは画面のアクションごとに、ピンポイントでパフォーマンスの問題を把握する方法を得られます。

 

ネットワーク分析

OutSystems Platformを使うと、チームは、ネットワークの問題について迅速にドリルダウンして調べることができます。これは、特定のネットワーク条件のときにだけ現れるパフォーマンスの問題を特定するのに有効です。例えば、3Gネットワークで接続しているときにのみ特定ページの表示が遅くなるといったケースです。ネットワーク監視によって問題を検出し、それをチームに認識させることにより、アプリケーションを最適化してデバイスに送信するデータを少なくすることができます。

サーバ分析

OutSystems Platformでは、クエリの処理、統合した外部システムからの応答、またはJavaや.NETのコード起動に時間がかかるといった状況に対し、ロギングおよびレポート作成によってサーバの応答時間を調査することができます。 

例えば、処理の完了までに5ミリ秒を要するデータベーストランザクションの場合、処理が1回なら遅いとみなされないでしょう。しかし、1秒に何百万回も実行されるなら、パフォーマンス上の影響があると言えます。このような掛け算の結果もダッシュボードに表示されるので、ユーザはパフォーマンスに影響がある場合にそれを認識することができます。



ビジネスアクティビティモニタリング

OutSystems Platformは、ビジネスプロセスモデリングをサポートしているため、開発チームは既存のアプリケーション上にプロセスを短時間で作成できます。これは、受注承認、請求処理などの既存のビジネスプロセス全般に関して、ユーザをガイドするのによく使われます。

通常、このようなビジネスプロセスには、実行中のプロセスに関するサービス内容合意書(SLA)に準拠しているかどうかを監視する必要性が伴います。このニーズに対応してOutSystemsはBusiness Activity Monitoring(ビジネス活動モニタリング)ダッシュボードを作成しました。

このダッシュボードを使うと、開発者は、初めてデプロイした直後に、何の開発作業を行うこともなく、ビジネスプロセスのモニタリングと最適化を開始することができます。ダッシュボードはオープンソースとして提供されているため、レポートを容易に変更、拡張し、それを使用する組織がビジネスで用いている言語に合わせることができます。

ログ

OutSystems Platformが何でもログに記録できるおかげで、これらすべての分析機能とダッシュボードが実現しています。実際、アプリケーションは、エラーログ、監査ログ、およびパフォーマンスログを作成するよう自動的にデフォルト設定されます。開発者は、1行もコードを記述する必要がありません。 

実行時、これらの指標は非同期に取得されますので、絶えず指標が取得され続けている間も、アプリケーションのパフォーマンスは落ちません。取得されるイベントには以下のものが含まれます。

  • すべてのアプリケーションレイヤーにおけるエラー
  • バッチ処理の実行
  • ウェブサービスの起動(インバウンドおよびアウトバウンドの両方)
  • アダプタ(インテグレーションおよびカスタムAPI呼び出し)
  • ページアクセス
  • データベースアクセス
  • 外部データベースアクセス
  • クライアントサイドの画面アクセス回数

これらのログは、標準データベースの中に保存され、ユーザはそれにアクセスして独自のダッシュボードを作成することができます。同じことがAPIでも可能です。以下は、OutSystems Platformのロギングデータベースから作成した下層のレポートの例です。

分析用API

OutSystems Platform分析機能から得られた洞察はすべて、柔軟性が高く、使い勝手の良いREST APIの形で一般に公開されます。このAPIを使うと、リアルタイムですべての登録済みイベントにアクセスする機能が実現し、他のエンタープライズ管理ソリューションとシームレスに統合され、さらにアプリケーションはカスタムイベントを登録できるようになります。

例えば、このAPIを使うと、部門ごとの選択のモニタリングなど、ビジネスデータを使ってダッシュボードを拡張することができます。また、特定のアクションを実行したときにお客様または従業員がどこにいたのかを正確に把握する目的で、アプリケーションがOutSystems Platformに送ったデバイスのGPS情報をイベントに付加することもできます。

OutSystems Forgeには、Adoption Monitorというアプリケーションがあります。このアプリケーションは、OutSystems Platformにより提供されたロギング情報を利用して、どのユーザがファクトリーアプリケーションにアクセスしているかを示すダッシュボードを構築します。このダッシュボードは、アプリケーションがいつ、どれくらいの頻度で使われているかについての洞察を提示し、長期間のトレンドをつかみ、特定のアプリケーションがどれくらいユーザに受け入れられているかについて貴重なデータを提供してくれます。