OutSystemsアプリケーションの構成管理

OutSystems Platformでは、バッチジョブのスケジューリング、データベース接続、ウェブサービスのエンドポイント、ビジネスプロパティ、およびバージョンなど、あらゆる種類の実行時構成が可能です。OutSystems Platformの管理コンソールは、この構成管理をすべて一つの場所で行うことができる集中管理ツールです。 

バッチジョブのスケジューリング

OutSystems Platformではバッチジョブのことを「タイマー」と呼んでいます。このプロパティでは、編集のほか、有効化および無効化することができます。タイマーに実行スケジュールを設定できるほか、直ちに実行を指示することもできます。また、トレーサビリティ確保とトラブルシューティングのため、ログも利用することができます。



データベース接続

OutSystems Platformは既存のデータベースと連携できるので、開発者はデータ移行について手間取ることがありません。このようなデータベース接続は、環境管理コンソールで集中管理されています。



ウェブサービスのエンドポイント

ここでは、公開または利用するSOAPウェブサービスまたはREST APIの管理を行うことができます。実行時にエンドポイントを変更することも可能です。



ビジネスプロセス

ビジネスプロセスのモニタリングと管理も可能です。例えば、あるビジネスプロセスを一定期間保留状態にしておくことができます。



バージョン管理 

アプリケーションおよび連携用コンポーネントのバージョンは、OutSystems Platformによって自動管理されます。発行されたすべてのバージョン、その発行者および日時を参照することができます。

この機能によって、変更の記録が簡単になるだけでなく、アプリケーションの以前のバージョンに安全にロールバックすることができます。