OutSystems Platformを用いた単体テストおよび回帰テスト

​​OutSystems Platformは、標準ウェブスタックをサーバサイド(ネイティブの.NETまたはJava)に持つ、標準に100%準拠したモバイルおよびウェブアプリケーションを生成します。
そのため、入手可能なほとんどのテストツールを、単体テスト、回帰テスト、機能テスト(ユーザーストーリーテスト)、統合テスト、および負荷テストで使用することができます。 

OutSystems Forgeから入手可能なUnit Testing Frameworkは、単体テストの実装、実行、および管理のための完全なフレームワークを提供します。これは、NUnitまたはJUnitと同等のフレームワークであり、別の観点から言えば、HP Quality Center、HP Load Runner、WAPT、Rally Quallity Manager、およびSeleniumと同等です。

このアプローチは計算エンジンおよびビジネスサービスコンポーネントに対して非常に効果的です。システムに対して優れた一連の単体テストを行えることは、回帰テストが自動化されシンプルになるため、システムの変更またはリファクタリングが必要なときに大いに役立つでしょう。 

OutSystemsアプリケーションの機能テストおよび回帰テストに関して、OutSystemsはSeleniumの使用を推奨しています。加えて、OutSystems ForgeにはTest Automatorもご用意しています。これは、ブラウザ(Seleniumベース)およびWebServiceベースの単体の回帰テストツールで、チームが順調なスタートを切るための助けとなります。

OutSystemsに内蔵されたビジュアル開発と整合性検証機能により、開発者はすぐに、システムに入り込んだバグの数が他のテクノロジーによる場合と比べて大幅に少ないという事実に気づくでしょう。業界標準のテストツールを用いた場合でも、テストと修正のサイクルは減少するので、関連する開発とデリバリの作業が大幅に軽減されます。