OutSystemsの製品構成 (管理コンソール)

OutSystems Platformには、アプリケーションライフサイクル全体の管理プロセスをカバーする、環境、ツール、およびコンポーネントが備わっています。

OutSystemsの管理コンソール (Lifetime)は、次のとおりです。

  • 運用管理コンソール
    このコンソールは、接続文字列、ウェブサービスのエンドポイント、およびアプリケーションのプロパティなど、環境の運用面を管理します。

  • デプロイおよび環境管理コンソール
    このコンソールを使うと、環境間でのアプリケーションのステージング、パフォーマンスのモニタリングから、ITチームの権限管理まで、すべての開発環境、QA環境、および本稼働環境の集中管理を行うことができます。

  • Forge
    このリポジトリには、プロジェクトで利用可能なオープンソースのモジュール、コネクタ、およびコンポーネントが格納されています。

 

管理コンソール

OutSystemsの管理コンソールを使うと、環境を集中管理し、アプリケーションモジュールをより簡単に再利用することができます。

運用管理コンソール

このウェブコンソールを使うと、環境の運用面の管理を行うことができます。


このコンソールでは、データベース接続のような環境全体に対する構成のほか、以下のようなアプリケーション固有の構成が管理されます。

  • アプリケーションをオフラインおよびオンラインにする。
  • アプリケーションを以前のバージョンに戻す。
  • アプリケーションのプロパティ、ウェブサービスのエンドポイント、およびバッチジョブのスケジュール設定を行う。

上記の例は、ほんの一部に過ぎません。

デプロイおよび環境管理コンソール

このウェブコンソールを使うと、DevOpsプロセスが自動化されるため、担当者およびチームは、アプリケーションを開発環境から本稼働環境まで移行することができます。クラウド、オンプレミス、またはハイブリッド構成など、どのような基盤上に構築されている環境であっても管理することができます。

この管理コンソールは、以下の機能をサポートしています。

  • 環境をまたいだアプリケーションのステージング
    アプリケーションのステージングの際、目的の環境上で実行されている他のアプリケーションに影響を与えることなくステージングを行えるかを確認するため、LifeTimeは複数環境をまたいだ依存関係解析を実行します。デプロイの実行後、変更により影響を受けたアプリケーションはすべて、最新のコードやバージョンなどを使うように自動的に更新されます。

  • アプリケーションのパフォーマンスモニタリング
    OutSystems Platformを用いて構築したすべてのアプリケーションは、実行時の監視情報を収集するように自動的に設定されています。LifeTimeを使えば、アプリケーションのパフォーマンスの監視が可能であり、アプリケーションが遅くなっていることにユーザが気づく前に対策を講じることができます。

  • ITチームの権限管理
    組織が採用している認証方法を設定し、それぞれの環境およびアプリケーションに対する各ITユーザの権限レベルを管理します。

Forge

UIコンポーネント、ライブラリ、およびコネクタを格納するこのリポジトリを使用すると、アプリケーションで再利用できる既存モジュールが提供されるため、デリバリを高速化することができます。OutSystemsのビジュアル開発環境はForgeと高度に統合されているため、開発者らはコミュニティ主導で作成されたコンポーネントを入手して、直ぐに利用することができます。

Forgeで入手可能なコネクタの例:

Forgeで入手可能なUIのウィジェットの例: