OutSystems Platformの拡張

OutSystems Platformは、プラットフォーム、環境、ツール、および機能の拡張が可能です。
これにより、お客様は以下を行うことができます。 

  1. バックエンドの拡張
    IDEで使われているビジュアル言語の表現力が不足している場合、追加コンポーネントをC#またはJavaを使って書くことができます。また、開発者は、開発をスピードアップするために既存のコンポーネントをForgeから探し出すことができます。

  2. 既存システムとの連携
    IDEの中でSAPシステムと統合することができます。また、REST APIやSOAPウェブサービスを利用することもできます。サポートされていない機能がある場合、カスタムコードによる拡張を行うためにフックを利用することができます。

  3. データベースとの連携
    OutSystems Platformは、使用するデータベースから独立して稼働するように設計されています。そのため、OutSystemsは、一般的なエンタープライズ規模のデータベースシステムをほとんどすべてサポートしています。しかし、OutSystemsでサポートしていないデータベースもあります。そのような場合、OutSystemsのデータベースSDKを使えば、OutSystems Platformを拡張してそのデータベースシステムと統合することができます。

  4. 認証プロバイダとの連携
    OutSystems Platformには、アプリケーションとITユーザーに対する認証管理の仕組みが内蔵されています。
    また、Active DirectoryおよびLDAPとの連携もサポートされています。OutSystems Platformに含まれていない認証システムがある場合は、OutSystemsが提供するAPIを用いて、その認証システムをサポートできるようOutSystems Platformを拡張することができます。
    また、コミュニティが作成したForgeのコンポーネントを使って、お好みの認証プロバイダと統合することもできます。

  5. 管理コンソールのカスタマイズ
  6. OutSystemsが提供する管理コンソールにお客様が必要とする項目が含まれていない場合は、OutSystemsのSDKを使って拡張することができます。管理コンソールはOutSystemsを使って構築されているため、その拡張にあたって他のテクノロジーを習得する必要はありません。