OutSystemsによって生成されるアプリケーションは、どのようなコードパターンを使いますか?

OutSystems Platformは、MVCとは異なるコードパターンを使用します。
これは、基盤となるテクノロジーを開発プロセスと切り離すもので、次のような利点があります。

  • チームによるアプリケーションの開発、デプロイ、および管理が高速化される。
  • 開発者は、常に生じるテクノロジーの変化から解放されます。

OutSystemsで生成されるソースコードには、何が使用されていますか?

現時点で、OutSystems Platformによって生成されるアプリケーションのソースコードでは、次の項目が使われています。

  • .NETで生成されるアプリケーションでは、MVVMアーキテクチャのWebForms 
  • Javaで生成されるアプリケーションでは、Faces 

また、OutSystems Platformのアーキテクチャは、生成された別のアーキテクチャに移行するための柔軟性を確保するために、モジュール式になっています。このため、OutSystemsが使用しているテクノロジーに対するベンダーのサポートが停止された場合でも、その変更はOutSystemsのお客様にもベンダーのお客様にも影響を与えません。


OutSystemsがMVCを利用しない理由とは?

多くの場合、開発者は、アプリケーションアーキテクチャを選択する際にMVCアプローチを選択します。その理由は以下のとおりです。

  • コードがメンテナンスしやすいように構造化される。
  • 他のアプローチよりも良好なパフォーマンスが得られる。

OutSystemsは、メンテナンス性とパフォーマンスに関して異なる方法で取り組んでいます。

  • OutSystems Platformによって、メンテナンスと変更が容易なビジュアルモデルの開発を行うことができます。
    チームは開発を高速化することができ、自分たちが行った変更が高品質であるという自信を持つことができます。
  • OutSystems Platformのコードジェネレーターは、アプリケーションモデルの静的解析を実行します。
    このようにして、OutSystemsはソースコードの生成時にアプリケーションを最適化することができます。例えば、ビューの状態は実際に使われているものしか含まないように最適化されます。

アプリケーション生成時の言語とアーキテクチャに依存することなく、アプリケーションが可能な限り最高のパフォーマンスで実行されるよう、OutSystemsは常に努力を続けています。