OutSystems Platformを既存のデータベースとともに使用するには

OutSystems Platformは、次の主要なデータベースシステムとネイティブに連携します。

  • SQL Server
  • Oracle
  • MySQL
  • DB2 iSeries

また、企業が選択したデータベースと連携できるよう、データベース連携用ソフトウェア開発キットも提供されています。
開発者は、複雑な統合プロジェクトに長い時間を費やすことなく、ローカルと外部のデータソースを結合できます。

データのクエリと結合を視覚的に実行

OutSystems Platformの統合開発環境(IDE)を使用すると、開発チームはデータのクエリと結合を視覚的に実行できます。そのため、どのようなスキルレベルを持つ開発者も、あらゆるアプリケーションで必要となる複雑なデータを扱えます。

SQLの使用

OutSystems Platformでは、視覚的な方法以外でもデータ操作を行えます。標準のSQLを使用してクエリやストアドプロシージャを記述できます。



外部データベースとの連携

OutSystems Platformが外部データベースをネイティブでサポートする場合、コネクターを作成して連携できます。コネクターによって、IDE上でデータを視覚的に操作できるようになります。

データベースがネイティブでサポートされない場合も、標準のC#またはJavaコードを使用して、ODBC/JDBCドライバまたはネイティブAPI経由でアクセスできます。CouchDB、MongoDB、Hadoopのようなビッグデータリポジトリの場合は、それらのREST APIを使用してアクセスできます。 

OutSystems Platformのデータベース連携用ソフトウェア開発キットを使用すれば、プラットフォームを拡張し、データベースのネイティブサポートを追加できます。カスタムコネクターの開発を検討中の場合は、開発を開始する前に、OutSystems Forgeを確認してみるとよいでしょう。すでに誰かが必要なコネクターを構築し、共有しているかもしれません。

より詳細に関して

以下のリンクから詳細な情報を参照できます。