一元化されたアイデンティティプロバイダーでITチームを管理するには

OutSystems Platformは、ITチームの管理を行うために、次の3つのアイデンティティプロバイダーをサポートしています。

  • 組み込みのメカニズム
    OutSystemsは、ITユーザー情報を安全に保存しています。ITユーザーは組み込みの認証メカニズムを使用して認証されます。設定の必要がないため、これが最もすばやく開始できる方法です。

  • Active Directory
    ユーザーがOutSystems Platformのツールで認証を受ける際に、プラットフォームは認証をActive Directoryドメインコントローラーに委任します。

  • LDAP
    ユーザーがOutSystems Platformのツールで認証を受ける際に、プラットフォームは認証をLDAPサーバーに委任します。



その他のアイデンティティプロバイダーを使用した認証

デフォルトでOutSystems Platformに含まれている認証プロバイダーが企業のニーズに合致しない場合は、独自のものを作成したり、既存の設定をカスタマイズしたりすることもできます。 

それらの認証プロバイダーの実体は、ユーザーがOutSystems Platformのツールで認証を受ける際に、プラットフォームはそのサービスを使用して登録された認証プロバイダーに認証を委任します。

より詳細に関して

以下のリンクを参照すると、OutSystems Platformにおける認証ついての詳細をご確認いただけます。