OutSystemsは、クラウド(プライベートまたはパブリック)、オンプレミス、またはハイブリッド環境で実行するよう設計されています。そのアーキテクチャにより、開発者がパブリッククラウドからオンプレミスのインストールへ、機能を損なうことなくリプレースすることを可能にしています。